絵画買取はプロの鑑定士のいる買取業者に頼みましょう

絵画を査定するには、専門的な知識が必要です。最初から値段が決まっているものではなく、同じ作品でも状態などによって査定額が変わってくるからです。リサイクルショップなどで買取している場合もありますが、こういうお店はプロの鑑定士はいません。一律いくらという値段設定がされて、適当な値段をつけられてしまう可能性が高いです。本当はもっと高額で売れるはずだった絵画が、ただ同然の値段で買取られてしまうこともあるということです。今では写真を撮影してWebで査定してもらう方法もありますし、宅配査定や出張査定など様々な査定方法が登場しています。ここでは、プロの鑑定士がいる業者を選ぶ大切さ、1円でも高く絵画買取してもらうにはどうすればいいのかを紹介していきます。

プロの鑑定士とはどんな人たちか

絵画を正確に査定してもらうには、目利きのプロがいるお店を選ぶことが大切です。骨董品や絵画買取を専門に行っているお店は、プロの鑑定士が複数在籍していることが多いです。経営年数が40年以上あるような老舗だと安心感があります。買取実績が多いかどうかもチェックして、利用者の口コミで評価されているところだと安心です。絵画は素人目には価値がよくわからないものなので、安心感を与えてくれるお店がいいです。ホームページをチェックして、お客さんのことをちゃんと考えて査定方法などを説明しているかどうかを確認してみましょう。いいお店は、たいてい自分たちの持っている知識を惜しげなく公開しているものです。わからないで不安に感じているお客さんのことを考えて、どのような業者を選べば安心なのかを公平に評価していることも多いです。

少しでも高く売るためには複数業者に査定を頼む

1円でも高く売りたいなら、複数の絵画買取業者に査定を頼んだ方がいいです。査定をして値段をつけるお店は、複数の業者間で競わせると他のお店に負けないように買取の値段を上げてくれることがあるからです。1つのお店だけに査定を頼むと交渉しづらいですが、他のお店でもっと高く買取ってくれそうということを伝えれば、より高い値段をつけてくれる可能性があります。自分で複数の業者に査定を依頼するのが面倒ならば、一括で比較査定してもらえるサイトもあります。査定は公平に行われますし、査定に出す絵画の情報以外は漏れる心配がないので、安心して利用することができます。最近ではチェーン店系でも販売ルートを多く確保していて、高めの査定額を出してくれる業者も増えています。チェーン店系は全国各地にあるのがメリットです。